迎賓館赤坂離宮に行ってきた!本館・庭園、一般公開の見学方法を紹介

東京赤坂にある、赤坂璃宮「迎賓館」に行ってきました。

外国の国家元首や政府の長など、国賓クラスの来客を迎え入れるための施設だけに、内装・外装含めて、めちゃくちゃ豪華です。

もともとは関係者のみにか公開していませんでしたが、2016年に一般公開されたため、私のような庶民でも見学が可能になりました。

見てみましょう。

迎賓館赤坂離宮のアクセス・地図

迎賓館の最寄り駅は「四ツ谷駅」です。

迎賓館赤坂離宮の地図・アクセス

迎賓館の地図・アクセス

「四ツ谷駅」は、JR中央・総武線、東京メトロ丸の内・南北線がありますので、お好きな路線を利用しましょう。

駅を出たら外堀通りを南に歩くと、5~10分ほどで、迎賓館の正門が見えてきます。

町川
案内板がたくさんあるので、迷う心配はないです。

迎賓館赤坂離宮を紹介

それでは、迎賓館の中に入りましょう。

正門

迎賓館赤坂離宮の正門

迎賓館の正門

四ツ谷駅から外堀通りを5~10分ほど歩くと、画像のような正門が見えてきます。

もし、迎賓館の前庭のみを見学するのなら、正門から中に入ってください。

前庭の見学は、入場料も事前予約も必要ありません。開館時間内なら好きなときに行って、好きなだけ見学できます。

前庭正面から迎賓館赤坂離宮本館

前庭正面から迎賓館本館

前庭正面から迎賓館赤坂離宮本館

さらに近づいてみます

前庭正面から迎賓館赤坂離宮本館

角度を変えて見てみます

町川
植物がたくさん植えられているので、季節ごとに違う景色を見れますよ。

西門から本館へ

多くの場合、迎賓館に来る目的は館内の見学だと思います。

館内の見学は正門ではなく、西門から敷地内に入ります。正門を正面に右側へ回り込み、3分ほど歩くと、西門が見てきます。

迎賓館赤坂離宮の西門へ向います

迎賓館赤坂離宮の西門へ向います

金属探知機で荷物検査

迎賓館は国賓を招く施設です。そのため、厳重な管理体制が行なわれています。

空港と同じように、金属探知機を使った荷物検査があるので、従います。

スマホ・財布・カメラなど、金属はポケットから出しておきましょう。

町川
私は、スマホをポケットに入れて警報機を鳴らしてしまいました……。

チケットを購入

荷物検査をクリアしたら、自動発券機でチケットを購入します。

入場料は、大人1000円で中高生が500円です。20人以上から団体割引が適用されます。

町川
発券機は、5000円札と1万円札が使用できません。1000円札を人数分用意しておくとスムーズです。

チケット売り場の横にはトイレがあります。館内にはトイレがないので、ここで行っておきましょう。

警備員に誘導され、本館の入口に到着です。

本館外観

迎賓館赤坂離宮・本館入り口

迎賓館赤坂離宮・本館入り口

ここから先は写真撮影禁止です。お手持ちのカメラはカバンにしまいます。また、館内は飲食はもちろん、スマホの使用も禁止です。

町川
というわけで、ここから先は写真がありません……。

本館内

本館の中は、一言でいうとめちゃくちゃ豪華です。

国賓を招いたときのパネルも展示されているので、部屋と合わせて見てください。

私のお気に入りは、中央階段から見上げた花鳥の間です。

私のような庶民が想像する、皇族の雰囲気にぴったりでした。どの部屋も細部までこだわっていて、見どころ十分です。

町川
詳しくは、迎賓館のウェブページからご確認ください……。

館内の装飾はとても貴重なものばかりです。傷つけないよう最新の注意をはらいましょう。先の尖ったヒールなど、建物を傷つける恐れのあるものは厳禁です。

庭園

本館を見学し終えたら、入り口と同じ場所に出てきます。まだ見学は終わりではありません。

ここから本館裏の庭園に向かいます。

庭園は全面砂利敷きで、庭の中央には大きな噴水池が設けられています。

迎賓館赤坂離宮本館を庭園から

迎賓館本館を庭園から見ます

水しぶきを上げる噴水

水しぶきを上げる噴水

迎賓館赤坂離宮本館と噴水

噴水越しに本館を撮影するのがおすすめ

風の強い日は、噴水から水しぶきがかかりますが、全く気になりません。本館を見たからと出口に急がず、庭園も絶対に見てください。

町川
個人的にですが、噴水側から本館を撮影するのが、一番きれいだと思いますよ。

正庭

中庭を見学したら、順路を通って正庭に戻ってきます。

最初に見学したという人は、素通りしても結構ですが、館内を見学してからもう一度見ると、よりいっそう素敵に見えます。

これで、迎賓館の見学はおしまいです。お疲れ様でした。

迎賓館 注意点

ここから先は、迎賓館赤坂離宮を見学するときの注意点をまとめました。

実際に行く前に、読んでおくと安心ですよ。

迎賓館の見学は申し込みが必要?

必要です。ただし前庭だけなら、申し込みは必要がありません。

迎賓館の見学は、インターネットから申し込みます。

でも、迎賓館のウェブサイトって分かりにくいので、簡単にまとめます。

見学する場所 申し込み 見学料

赤坂迎賓館は、見学する施設によって、事前申し込みの有無が変わります。

詳しくは下記のとおりです。

見学する場所 事前申込 入場料
正庭のみ なし 無料
裏庭のみ なし 300円
本館・裏庭 あり 1,000円
本館・裏庭・別館 あり 1,500円

本館や、別館のような人気のある本館の見学は、インターネットで申し込む必要があります。

でも、空いているときは、申し込んでいなくても入れます。

町川
私は、平日の12時ごろに行きましたが、事前申し込みなしで本館に入れました。

入れるか入れないかは、近くにいる警備員さんが教えてくれます。

休みの日は入れないことがあるかもしれません。心配ならば、事前にインターネットでの申し込み、または旅行代理店を通して申し込んでおきましょう。

和風別館を含む見学のみ、事前の申し込みが必須です。

申し込みは旅行代理店が便利

ハッキリ言って、赤坂迎賓館のウェブサイトは、情報量が多すぎて使い勝手が悪いです。また、抽選制のため、事前に申し込んでも必ず入場できるとは限りません。

一ヶ月以上前に、抽選が締め切られていることも……

誰かと一緒に行く、遠方から行くなど、絶対に行きたいときは、各種旅行代理店からの申し込みがおすすめです。

旅行代理店なら、申し込みを受け付けた時点で入場が確約されるので、抽選ではずれるなんてことはありません。安心です。



いずれも、通常料金よりも安く、バスでの送迎、食事、ホテルが付くなど、お得感満載のパックばかりです。

見学中は、ガイドさんが付いて、解説してくれるツアーもあります。

一人で見学するよりも分かりやすいですよ。

本館・和館・裏庭の見学は西口から!

事前に申し込みを済ませると、所定の時間に迎賓館の西口に集合するよう指定されます。

でも、四ツ谷駅から歩くと、西口の場所は、意外と分かりにくいんですよね。

初めて行くと、先に正門についちゃって、アタフタするかと思います。

町川
私は、西口の場所が分からず、5分くらい探していました。

西門は、正門から中に入らずに、右から回り込んだばところにあります(下記参照)。

迎賓館赤坂離宮の地図・アクセス

正門から西門への行き方

といっても、警備員の方が優しく案内してくれますので、聞けばすぐに教えてくれます。

写真の撮影は不可!

迎賓館は、国の重要文化財です。館内での撮影は全面的に不可です。

ただし、外観からのみ撮影可能。三脚や自撮り棒などの補助具の使用は禁止されていますので、手持ちのカメラで撮影するようにしましょう。

入れないこともある!

事前にインターネットで申し込んでいたとしても、急な来賓などで入れなくなることがあります。入場の可否は、ツイッターで公開されているので、見学前に前にチェックしておきましょう。

迎賓館赤坂離宮まとめ

迎賓館はもともと、皇族の居所として造られただけに、外装・内装含めてめちゃっくちゃ豪華です。

2016年までは、関係者しか入場できなかった貴重な建物です。

せっかくのこの機会、絶対に見学しておきましょう。数日は豪華な気分に浸ることができますよ。

↓励みになります。クリックお願いします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

町川綾乃

短時間で楽しめる観光名所を探すのが好き。街歩きが大好きです。地元の情報絶賛収集中。休みの日は東京都内で公園・名所・観光地を旅します。タバコ嫌い・嫌煙家!おもしろい場所があれば、どこへで出かけます。普段はカフェで寛いでいます。 Instagram、やっています。