【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

日比谷シャンテ地下1階にある、島根県のアンテナショップ「日比谷しまね館」に行ってきました。

日比谷しまね館とは?

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

「日比谷しまね館(以下、ひびや館)」は、2020年5月29日にオープンしたばかりの新しいアンテナショップで、各種テレビにもたくさん出ているので、知っているという人も多いのではないでしょうか。

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

アンテナショップにはめずらしく、店内に飲食スペースがあり、島根県の地酒や料理を味わうこともできます。特に有名なのは「のどぐろ丼」で、白身のトロともいわれる人気の高級魚のどぐろをたっぷりと使った珍しい料理です。これは食べるために、遠くから来る人も少なくないようです。

日比谷しまね館へのアクセス

しまね館は、日比谷シャンテの地下1階にあります。日比谷シャンテは、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」のA5出口から直結です。雨の日でも傘を使わなくてすむのは嬉しいです。また、日比谷駅は地下道が整備されているので、有楽町駅や銀座駅からも傘を使わずに、日比谷シャンテに入れます。とにかく、A5出口へ向かってみてください。

日比谷しまね館の店内

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

しまね館は、有楽町・日比谷周辺の他のアンテナショップに比べて広いです。おそらく、トップくらいの広さではないでしょうか。広い店内に、食品・飲料はもちろん、陶芸品を並べたコーナーや、移住希望者向けのカウンターもあります。そして、店の奥には飲食用のカウンターがあります。

鮮魚コーナー

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

冷蔵庫には、のどぐろをはじめとする鮮魚がたくさん並んでいます。どれも美味しそうですね。

食料品コーナー

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

島根を代表する食品が並んでいます。私がとくに好きなのは「ポン菓子」です。ポン菓子とは、お米や豆を100%使用したお菓子で、昔ながらの素朴で優しい味を楽しめます。

飲料品コーナー

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

アルコールやソフトドリンクが並んでいます。目を引くのはラベルに写真がプリントされた日本酒です。島根県雲南市出身の竹下元総理と、お孫さんのDAIGOさんです。これは気になりますね。

化粧品コーナー

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

テレビで紹介していましたが、島根県には肌美人が多いそうです。調べてみると、ポーラ「ニッポン美肌県グランプリ」で、島根県は2018年のグランプリを獲得しています。毎年上位に選ばれているようです。

イートインカウンター

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

話題にイートインカウンターでランチをいただきました。一番人気の「のどぐろ丼」を食べたかったのですが、残念ながら私は、生魚が好きではないので、他のものを食べました。

赤てんカレーと鴨せいろ出雲そばです。

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
赤てんカレー
【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました
鴨せいろ出雲そば

赤てんとは、スケソウタラを原料に、唐辛子とパン粉でまぶした練り物です。ちょっぴりスパイシーでした。出雲そばは、日本三大そばの一つに数えられるお蕎麦です。香りと味が強いのが特徴的でした。

日比谷しまね館に行こう!

【話題】日比谷しまね館(島根県アンテナショップ)に行ってきました

東京に住んでいると、なかなか島根県に行く機会は少ないのではないでしょうか(すみません)。主な移動手段ですと、岡山県まで新幹線で行って、そこから特急の乗って行くか出雲空港まで飛行機に行くかです。後は、夜行列車か長距離バスですね。

機会があれば、訪れてみたいところです。まずは、日比谷しまね館で島根県を満喫しましょう。