あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

埼玉、秩父の三大「氷柱」といえば、「三十槌(みそつち)の氷柱」、「尾ノ内渓谷の氷柱」、「あしがくぼの氷柱」です。

その中でも最も新しい「あしがくぼの氷柱」に行ってきました。

あしがくぼの氷柱の特徴

最初に、あしがくぼの氷柱の特徴を紹介します。

  1. アクセスが便利
  2. 時期・気温に左右されず氷柱の見学が可能
  3. 道の駅で食事ができる

それでは、見ていきましょう。

あしがくぼの氷柱とは?

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

あしがくぼの氷柱は、西武秩父線「芦ヶ久保駅」から歩いて10分の場所にある、氷柱の名所です。

「芦ヶ久保駅」は、池袋駅から、特急レッドアロー号で約70分。東京都心から、90分もあれば見に行ける、とっても便利な場所にある氷柱の名所です。

上記、三大氷柱の他の2箇所が、少し不便なところにあるのに比べて、圧倒的便利。サクっと行って、サクッと帰ってこられる、当ブログの中でも圧倒的に便利な観光名所なのです。

特徴その1

アクセスが便利

おすすめの観光方法

おすすめの観光方法は、次のとおりです。

15:30=池袋駅を特急レッドアロー号で出発

16:40=芦ヶ久保駅到着、あしがくぼの氷柱まで歩く

16:50=あしがくぼの氷柱に到着→見学

17:30=日没→ライトアップされた氷柱を楽しむ

18:30=駅前の道の駅「果樹公園あしがくぼ」で買い物

19:33=芦ヶ久保駅を特急レッドアロー号で出発

20:46=池袋駅に到着

特急レッドアロー号が「芦ヶ久保」駅に到着するのは、あしがくぼの氷柱が開催されている期間のみです。普段は止まらないのでお気をつけください。

あしがくぼの氷柱への行き方

それでは、あしがくぼの氷柱への行き方を紹介します。

池袋駅を出発

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

rrem

池袋駅から「芦ヶ久保駅」までは西武電車で向かいます。行き方は下記の2種類です。

  1. 特急レッドアロー号(1400円)約1時間9分
  2. 急行列車(700円)約1時間33分

特急レッドアロー号だと1時間ちょっとで着きますが、そのぶん値段は高め。急行で向かうと値段は安いですが、そのぶん時間がかかります。さらに「飯能駅」で乗り換えるのも面倒くさい。

ここは、ちょっと奮発して特急レッドアロー号に乗ることをおすすめします。急行ですと横並びの普通のシートなのに対し、特急レッドアロー号は新幹線のように2列シート指定席。確実に座れるからです。

お弁当でも食べながら、スーっと移動したほうが旅行気分も出て、気分盛り上がります。

西部池袋駅構内は店が少ないです。西武デパートの地下街でお弁当を買っておきましょう。

芦ヶ久保駅到着

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

芦ヶ久保駅自体は、駅前に自動販売機があるだけの駅で、とくに見るべき場所はありません。すぐに「あしがくぼの氷柱」に向かっちゃいましょう。

駅を出て線路沿いの道を歩きます。駅のあちこちに案内板があるので、特に迷うことはないでしょう。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

案内板に沿って約10分。休日であれば周りいっぱい人がいるはず。カップルや女性だけのグループも多いです。坂道なんかもほとんどないので、散歩感覚で歩けます。

途中で、道の駅「果樹公園あしがくぼ」がありますがま、今は寄らなくて大丈夫です。氷柱を堪能した後に、ゆっくり買い物などして帰りましょう。

あしがくぼの氷柱に到着

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

案内板に沿って歩くと、プレハブ小屋の受付が見えてくるはずです。環境整備協力金として、一人300円が必要です。

さらに歩き、線路の下をくぐると「あしがくぼの氷柱」に到着です。

あしがくぼ氷柱の会場入口は、広場内でいちばん低い場所にあります。なので、すべての氷柱を見上げることができます。ここから始まる幻想的な景色に心を踊らせながら歩きましょう。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

会場入口付近から。氷柱が視界に広がります

 

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

冨士浅間神社の鳥居をくぐります

 

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

氷柱の会場は、西武秩父線のすぐ横

 

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

到るところで壮大な氷柱の見学が可能

あしがくぼの氷柱は、会場スタッフが毎日水を撒いて作る、人工の氷柱です。なので、気温や時期に左右されずに見学することができます。

いつ行っても圧巻の氷柱を見れますよ。

特徴その2

時期・気温に左右されず氷柱の見学が可能

また、会場は、山の斜面に面して作られています。なので歩くときは注意が必要です。実際に見学するときは、滑りにくい靴をおすすめします。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

高台から見下ろす氷柱

坂を登りきったところは「おもてなし広場」という場所があります。名前のとおり、ちょっとした広場となっていて、ストーブ、椅子、トイレ、売店などがあります。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

おもてなし広場

売店では、すいとん(400円)、ホットチャイ(200円)、いちごの甘酒(100円)などが売られています。どれも温かいものばかり、かなり寒いので暖まりましょう。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

すいとんとチャイ

おもてなし広場では、地元歌手による演奏が行われることもあります。

もし、上記で案内した時間どおりに出発されたなら、このあたりで日没の時間を迎えるはずです。少しずつ暗くなった氷柱を、ライトアップが幻想的に照らし出します。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

ライトアップされた氷柱

 

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

色とりどりのライトで照らします

 

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

どの場所から眺めても綺麗

会場は広いので、一つの場所にとどまらずに移動しながら、いろんな氷柱のライトアップを楽しみましょう。とくに美しいのは「おもてなし広場」から先に進み、行き止まり直前の氷柱です。眼の前が全て氷柱で覆われる様子は圧巻です。

美しい景色に、ついつい時間を忘れてしまいがちです。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

満月もキレイです

道の駅「果樹公園あしがくぼ」

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

道の駅「果樹公園あしがくぼ」

十分に担当したら、来た道を歩いて「芦ヶ久保駅」に戻ります。途中に、道の駅「果樹公園あしがくぼ」が寄りましょう。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

食堂、農産物直売所やギャラリー、体験交流施設などがあります。

食堂では、うどんにカツ丼、秩父名物「みそポテト」などがあります。みそポテトは一本200円、二本350円。お腹に余裕があるならぜひ食べてみてください。

あしがくぼの氷柱/秩父三大氷柱の一つは芦ヶ久保駅から近くておすすめ

みそポテト

特徴その3

道の駅で食事ができる

農産直売所では、地元で獲れた野菜の他に、芦ヶ久保ならではのお菓子やお酒などが売っています。気になるものは買っておきましょう。おにぎりやお弁当は、帰りの電車で食べても美味しいですよ。

道の駅から、芦ヶ久保駅までは歩いて約5分です。帰りの電車の時間に合わせて見学してください。

あしがくぼの氷柱 注意点

此処から先は、あしがくぼの氷柱を見学するときの注意点をまとめました。

実際に行く前に、読んでおくと安心ですよ。

寒い!

言うまでもありませんが、氷柱会場周辺はかなり寒いです。

温かい格好をしておきましょう。特に足元が冷えると見学もままなりません。厚手のタイツを履くことをおすすめします。念のため、カイロを持っておくと安心です。

トイレは早めに!

会場周辺のトイレは3か所です。

  1. 芦ヶ久保駅
  2. 道の駅
  3. 会場内「おもてなし広場」

駅についたら、トイレに行っておくことを強くおすすめします。

会場内にもトイレはありますが、頂上の広場にしかありませんし、数も4つ(男女共用)しかありません。混雑時には並ぶので、事前に済ましておきましょう。

歩きやすい靴で!

会場内は高低差があります。整備もされていないので、運動靴など歩きやすい靴を用意しておきましょう。

ツアーでの参加もおすすめ

芦ヶ久保駅周辺は、氷柱以外にも、日帰り温泉やいちご狩りなどが楽しめます。

おもしろいものでは、旅行会社の「秩父氷柱めぐり三景ツアー」でしょうか。これは、秩父の三大氷柱をバスですべて周遊するツアーです。

どれも秩父周辺にあるとはいえ、実際に回るとなるとかなり大変です。でも、ツアーに参加すると、効率よく見て回れますし、地元の美味しいランチなんかも付いてきます。

添乗員が名所の説明もしてくれるので、初めて秩父の氷柱を見るなんて人にはおすすめです。

人気のツアーなので、早めの申し込みが必須です。

あしがくぼの氷柱 まとめ

あしがくぼの氷柱は、秩父三大氷柱の中でも最もアクセスの良い場所です。思い立ったらすぐに行けるのが魅力的。

始まったが2014年からなので、コンサートやスタンプラリーなどイベントもたくさんです。今最も、勢いのある氷柱です。ぜひ、見学してみてください。

↓励みになります。クリックお願いします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

町川綾乃

短時間で楽しめる観光名所を探すのが好き。街歩きが大好きです。地元の情報絶賛収集中。休みの日は東京都内で公園・名所・観光地を旅します。タバコ嫌い・嫌煙家!おもしろい場所があれば、どこへで出かけます。普段はカフェで寛いでいます。 Instagram、やっています。