氷川丸【神奈川】横浜・山下公園の海に浮かぶ文化遺産

横浜山下公園氷川丸の操縦室から海

今日は、横浜みなとみらいの「氷川丸」を紹介します。

氷川丸は、海に浮かぶ文化遺産として親しまれる、横浜・山下公園の観光名所です。

見てみましょう。

氷川丸とは?

横浜山下公園氷川丸外観

山下公園から見た氷川丸

氷川丸については、入場時にもらえるパンフレットに詳しく書かれていました。

引用して紹介します。

古い写真風の氷川丸

氷川丸は日本郵船が1930年にシアトル航路用に製造した貨客船です。1920年頃より、欧米が投入した大型船に対抗して、日本も優秀戦を建造しようとの声が一気に高まり、当時の最新鋭の船として竣工しました。戦時中は海軍特設病院船となり、終戦までに3回も触雷しましたが沈没を免れ、戦後は貨客船に戻り1963年にシアトル航路に復帰。船齢30年に達し第一線を退くまでに、太平洋横断254回、船客数は2万5千余名と、大変活躍しました。

1960年に引退した後、1961年より山下公園の前に係留保存され長年にわたり多くの人々に親しまれてきました。2006年に閉館して改装を行い、2008年に「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープンしました。戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船であり、造船技術や客船の内装を伝える貴重な産業遺産として高く評価され、2016年に重要文化財に指定されました。

引用:日本郵船氷川丸パンブレットより

氷川丸をもっと知りたい方は、下記も参照してください。

日本郵船歴史博物館>船の歴史>氷川丸

日本郵船歴史博物館>歴史の生き証人「氷川丸」

氷川丸の地図・アクセス

氷川丸は、横山高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」から歩いて3分の場所にあります。マリンタワーのすぐ下といえば分かりやすいですね。

横浜山下公園氷川丸の地図・アクセス

氷川丸の地図・アクセス

JR根岸線「桜木町駅」や「関内駅」も徒歩圏内ですが15分ほど歩きます。いくつかの観光地を歩きながら目指すと良いでしょう。

氷川丸に行くときの注意点

次に、氷川丸に行くときの注意点です。

氷川丸の注意点
  1. 最終入館時間が早い
  2. 館内は階段が多い
  3. オープンデッキ開放は休日のみ
以上の3点です。理由はいつものように、見どころを紹介しながら説明していきます。

氷川丸の見どころ

それでは、実際に氷川丸に入館してみましょう。

横浜山下公園氷川丸の入場口

氷川丸入場口

氷川丸の入館料は下記のとおりです。

  • 一般:300円
  • シニア:200円
  • 小中高校生:100円

※入館料は、コチラを利用すると割引となります。

気をつけたいのは開館時間です。

氷川丸を見学できるのは17時まで。

横浜みなとみらいというと夜景を楽しみに来る方も多いですが、そのころには氷川丸の最終入館時間は終了しています。

みなとみらいで夜景を楽しむのなら、先に氷川丸を見学してからにしておきましょう。

注意点1

最終入館時間が早い(16:30)

氷川丸はゆっくり見学して2時間ほどかかります。少なくとも15時には入場しておくことをおすすめします。

氷川丸に入ってすぐの場所に、無料のコインロッカーがあります。

横浜山下公園氷川丸のコインロッカー

無料コインロッカー

大きな荷物があるときは、預けておきましょう。しかし、コートなどを預けてしまうと、オープンデッキを見学するときに身体が冷えてしまいます。コートなどは手に持って入館してください。

氷川丸は海に浮いている?

氷川丸は、あまりに山下公園に馴染んでいるため、海底に固定されているなんて噂もありますが、ちゃんと通常の船のように水面に浮いています。

横浜山下公園氷川丸のタラップ

タラップを横から見た氷川丸実際にタラップを横から見ると、波の揺れに合わせて動いていることが分かります。

潮に満引きによって、上下にも変わります。

もし固定されていたら、こういうふうにはなりませんよね。

氷川丸は、しっかりと海に浮いているのです。

町川
入館してしばらくは、わずかながら揺れを感じますよ。

エントランスロビー

船内に入ると、すぐにエントランスロビーがあります。

横浜山下公園氷川丸のエントランスロビー

氷川丸のエントランスロビー

エントランスロビーでは、氷川丸の歴史を紹介する映像が流れています。

映像は、後から見ればいいと先を急いでしまいがちですが、まずはじっくり見ておくことをおすすめします。

というのも、氷川丸の館内は順路が一方通行で、先に進むと戻ってこれないからです。

館内を見て回った後に、映像を見たいなと思っても無理。なので、ここで見ておいたほうが良いのです。

町川
映像は、初めて見る方でも分かりやすく編集されています。

エントランスロビーの横では、各種展示物が並んでいます。

横浜山下公園氷川丸の船銘板・案内板

氷川丸の船銘板。氷川丸を製造した横浜船渠(株)の証明書にあたるもの

展示物を見た後は、船内奥へと進みましょう。

順路は、実際に使用されていた船をそのまま利用しているため、とても狭くなっています。

横浜山下公園氷川丸の通路廊下

氷川丸の順路

横浜山下公園氷川丸の客室案内

客室案内図も当時のまま

ところどころに窓が設置されていますのてで、外を見てみましょう。

横浜山下公園氷川丸の窓

順路の奥の窓から横浜みなとみらいの景色

横浜山下公園氷川丸の窓
横浜山下公園氷川丸の廊下備品

氷川丸が貨客船として使用されていた備品

一等児童室

氷川丸に乗り、旅をするのは大人だけとは限りません。子どもや赤ちゃんもいたでしょう。

船内には、一等児童室が用意されています。

横浜山下公園氷川丸の一等児童室

ベビーベッドや木馬が置かれた一等児童室

ここでは、スチュワーデス(今でいう保育士かな)が子どもを預かっていました。

食事やパーティのときに、利用していたようです。

一等食堂

日本からシアトルまでの航海は2週間以上に及びます。

その間の楽しみといえば豪華な食事です。

横浜山下公園氷川丸の一等食堂

船幅いっぱいにスペースをとった一等食堂

一等食堂では、食事や給仕の様子など、昭和初期の華やかな客席文化を見られます。

横浜山下公園氷川丸の一等食堂の料理

当時の食事のサンプルが並べられたテーブル

町川
サンプルとは分かっていても、美味しそうですね。
横浜山下公園氷川丸の一等食堂の料理

穏やかなライトで照らされる食器

横浜山下公園氷川丸の一等食堂

窓から景色を眺められるテーブル

一等食堂は、陽の光を差し込んで落ち着きます。

横浜山下公園氷川丸の階段

上のデッキに上がる階段

町川
部屋にあるソファは自由に腰掛けられます。船内は広いので休みながら見学しましょう。

一等読書室

長い航海では、読書に集中したいときもあったでしょう。

横浜山下公園氷川丸の一等読書室

ラグジュアリーな空間の一等読書室

一等読書室では、たくさんの書籍が本棚に並べられています。

横浜山下公園氷川丸の一等読書室

読書室のオブジェ

町川
読書に集中できそうですね。

一等社交室

長い船旅は、一緒に乗り合わせたお客さんとの出会いも楽しみの一つです。

横浜山下公園氷川丸の一等社交室

アールデコ調の一等社交室

一等社交室は、主に女性のお客さんがダンスパーティーなどを楽しむための部屋でした。

ここで、乗客同士、お喋りを愉しんだのでしょう。座り心地の良いソファが並べられています。

横浜山下公園氷川丸の一等社交室

一等社交室のレトロな小物

町川
本当に居心地が良いですよ。ずっと座っていたくなります。

展示室

一等社交室の外には、展示室があります。

横浜山下公園氷川丸の展示ブース

ガラスケースに並べられた船の説明と実際に使用された計器

ここでは、実際に使用された計器が展示されています。

今のようにコンピュータやGPSなどなかった時代です。こういった計器で、安全で快適な旅を約束していたのです。

横浜山下公園氷川丸の展示ブース

左上:アジマスサークル(方位環)、右上:アジマスミラー(方位鏡)、左下:バロメーター(気圧計)、右下:シグナルミラー(信号機)

町川
展示室では、横浜からシアトルへ向かう船旅の様子が、実物資料とエピソードで展示されています。見るだけでも楽しいですよ。

一等喫煙室

主に男性が、食後に談笑するための社交場です。

横浜山下公園氷川丸の一等喫煙室

天井が高く設計された一等喫煙室

旧岩崎庭園でもそうでしたが、食後は男性と女性が別れて過ごすのが一般的だったのでしょうか。

男性たちが、煙草と高級なお酒を嗜みながら、カードゲームなどに興じたそうです。

町川
社交室よりソファが固めに作られています。

一等客室

横浜山下公園氷川丸の廊下通路

当日の面影が残る廊下

一等喫煙室を出て、廊下を歩くと、いくつかの部屋がありました。

横浜山下公園氷川丸の一等客室

ベッドが備え付けられた一等客室

ここは、一等客が利用する客室です。

さすがに広くはありませんが、ダブルベッドに水道が使いやすそうに配置されています。

一等特別室

隣には、さらに豪華なの部屋がありました

横浜山下公園氷川丸の一等特別室

船の中とは思えないゴージャスさ、一等特別室のダイニングルーム

横浜山下公園氷川丸の一等特別室

一等特別室のベッドルーム

ここは、国賓級の特別なゲストを招くときに使用された一等特別室です。

ダイニングルームとベッドルームに分かれています。

毛布の巻き方が特徴的なのは、来賓をもてなすため。「飾り毛布」と呼ばれ、かぶとや日の出に見立てています。

これらの一等と名がつく部屋は全て一等客以上だけが利用できる施設です。

一等の運賃は片道で約500円。日本郵政の初任給が70円で、1000円あれば家が建った時代でしたから、一等室での航海は、特別な旅だったようです。

横浜山下公園氷川丸の階段

屋外デッキへ続く階段

階段の上はデッキです。参りましょう。

屋外デッキ

階段を上がると、船の頂上部分に出ます。

横浜山下公園氷川丸からみなとみらい

屋外デッキからの景色

横浜の港が綺麗です。

町川
乗客は、ここから景色を楽しめたようですが、たぶん実際には海しか見えなかったのではないかと……。
横浜山下公園氷川丸の操縦室へ続く階段

上へ続く階段

さらに階段を上がりましょう。

注意点2

館内は階段が多い

建築物を保護するため、館内にはエレベーターがありません。運動靴がおすすめ。スカートは厳禁です。

操縦室

船の最頂部には、操縦室があります。

横浜山下公園氷川丸の操縦室

船を操縦する舵と各種計器類

運転士(航海士)が24時間体勢で安全航行に努め、操船した場所です。

横浜山下公園氷川丸の操縦室から海

操縦式から見た景色

操縦席からは船の前方を見渡せます。とても景色が良いのですが、実際の航海中は景色を楽しむ余裕なんてなかったかもしれません。

横浜山下公園氷川丸の操縦室の舵

大きな氷川丸を操縦する大舵

横浜山下公園氷川丸の操縦室の計器

現在地を表す方位計

横浜山下公園氷川丸の神棚

操縦室の上の神棚

氷川丸という船名は、埼玉県の氷川神社から名付けられました。なので、神棚には氷川神社の御祭神が祀られています。

町川
戦前に造られた大きな船で現存しているのは氷川丸だけです。かなりのご利益ですね。
横浜山下公園氷川丸の操縦室

A~Zの26文字のアルファベットを割り付けられた信号旗(棚上段)

横浜山下公園氷川丸の操縦室の計器

操縦室周りの各種備品

船長室

操縦室の真下は船長室があります。

横浜山下公園氷川丸の船長室

木目でまとめられた船長室

全ての指揮の責任をもつ船長の部屋は、操縦室のすぐ下にありました。

町川
2週間以上の航海中は、きっと一時も気が休まる時はなかったでしょう。

オープンデッキ

土曜・日曜・祝日は、船後方のオープンデッキが開放されます。

横浜山下公園氷川丸の屋外デッキ

オープンデッキ

オープンデッキからは、山下公園やマリンタワーを見ることができます。

横浜山下公園氷川丸から見るマリンタワー

氷川丸のオープンデッキから見たマリンタワー

注意点3

オープンデッキ開放は休日のみ

オープンデッキから眺める横浜の港は最高です。せっかく来たからにはぜひ見てほしいです。なので、氷川丸の見学は土日祝日がおすすめです。

機関室

次は、氷川丸の動力部分の見学です。

デッキから階段を降りて機関室に入ります。

横浜山下公園氷川丸の機関室エンジンルーム

船の心臓部、エンジンルーム

氷川丸の動力は、8気筒ディーゼルエンジンで、左右1基ずつ2基を搭載しています。

エンジンは1930年(昭和5)年の氷川丸竣工時の最新鋭で、その当時のままに残された貴重な遺産です。

横浜山下公園横浜山下公園氷川丸の機関室エンジンルーム

左:船の計器、右:エンジン音が響く中で操縦室と会話するための電話室

横浜山下公園氷川丸の機関室エンジンルーム

ウォーターライン(喫水線)

機関室の最下層では、頭上にウォーターラインが記されています。

町川
今立っている場所は海面よりも下ということですね。
横浜山下公園氷川丸の機関室エンジンルーム

二階層にかけて設置されている機関室の階段

三等客室

機関室の奥につづく通路を進みましょう。

横浜山下公園氷川丸の順路通路

頭上にパイプが張り巡らされた通路

通路の奥には、三等客室がありました。

横浜山下公園氷川丸の三等客室

寝台列車のようなベッドが並ぶ三等客室

ベッド上のみがプライベートスペースで後は共有部分のみ。

今で言うカプセルホテルのようですが、それでも当時では高級ホテル以上の料金がかかったようです。

横浜山下公園氷川丸の三等客室

ヘッドライトに照らされるプライベートスペース

町川
三等客は、一等客社交場や一等客食堂への入場も制限されていました。食事はプライベートスペースで、お弁当のようなものを食べていたそうです。

展示室

最後は、船の歴史を紹介する展示室です。

横浜山下公園氷川丸の展示室

氷川丸の誕生から引退するまでの展示

横浜山下公園氷川丸のイラスト

氷川丸の内部イラスト(竣工当時)

これまで見学してきた氷川丸のことがよく分かるよう展示されています。。

氷川丸まとめ

これにて氷川丸船内の見学は終了です。

横浜山下公園氷川丸の出口

氷川丸出口

出口は、入口より下のフロアから外に出ます。

船内から地上に出ると、違和感を感じると思います。

これは、揺れる船内から地面の上に降りたときに生じるもの。大地のありがたさを感じますね。

横浜山下公園氷川丸外観

氷川丸の船倉部分

氷川丸を見ると、海面で揺れているのが分かります。

町川
先ほどまでいた機関室は、ここより下あるんだなと思うと、不思議に気分になりますね。
横浜山下公園氷川丸の白灯台

1896年に造られ、1963年に今の一に移設された白灯台

氷川丸DATA

  • 建造所:横浜船渠(株)(現 三菱重工業(株)横浜製作所)
  • 全長:163.3メートル
  • 総トン数:11,622トン
  • 主機:B&W複動4サイクルディーゼル機関 2機2軸
  • スピード:18.38ノット(約時速34キロ)
  • 船客:一等79名、二等69名、三等138名、合計286名

夜の海に浮かぶ氷川丸

↓励みになります。クリックお願いします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

町川綾乃

短時間で楽しめる観光名所を探すのが好き。街歩きが大好きです。地元の情報絶賛収集中。休みの日は東京都内で公園・名所・観光地を旅します。タバコ嫌い・嫌煙家!おもしろい場所があれば、どこへで出かけます。普段はカフェで寛いでいます。 Instagram、やっています。