海老名駅前で買い物【小田急沿線】ビナウォークとららぽーとを散策

ららぽーと海老名

今日は、神奈川県海老名市の「海老名駅」を紹介します。

海老名駅は、新宿駅から44分(小田急線 快速急行)の場所にあり、駅前には、ビナウォーク(2002年開業)やビナフロント(2014年開業)、ららぽーと(2015年開業)といった大型商業施設が並ぶ大型駅として知られています。

でも、あまりに広すぎて、どこに何があるのか分からにくいですよね。

そこで今回は、海老名駅周辺の大型施設の場所と特徴を紹介します。

町川
できるだけ、分かりやすく紹介します。

海老名駅とは?

海老名駅神奈川県海老名市にある、小田急電鉄・相模鉄道・東日本旅客鉄道3社が乗り入れる駅です。

小田急「海老名駅」

小田急海老名駅

JR相模線「海老名駅」

JR相模線「海老名駅」

もともと、住宅地として利用されていた駅ですが、2000年以降に開発が進められ、現在は駅前に大型商業施設が造られ、遠方から買い物・食事に訪れる人が増えました。

現在も、開発工事は進められていて、さらなる駅人口の増加が見込まれています。

海老名駅前再開発

地域駅前の空き地も開発中

海老名駅周辺地図

海老名駅周辺の地図を見てみましょう。

海老名駅周辺地図

海老名駅周辺地図

ご覧の通り、海老名駅は東口側に大型商業施設が集まっています。ぐるっと海老名駅周辺を見て回りたいのなら、東口を起点にすると良いでしょう。

西口は、テラス(2017年開業)、ららぽーと海老名(2015年開業)と新しい施設が集まっています。洗練された食事や、流行のファッションを見て回りたいのなら、西口を起点にしてください。

駅周辺の商業施設

駅前の施設を、ひとつずつ紹介します。

ビナウォーク

海老名ビナウォーク・中央公園

ビナウォークは小田急電鉄直掩の商業施設です。2002年4月19日開業しました。

一言で表すと「何でもあり」です。

1番館から6番館、さらにビナプラス・ビナフロントがあり、建物ごとに特色があります。

1番館:デイリーセレクトショップ/生鮮市場

海老名ビナウォークマルイ三番館

デイリーセレクトショップ/生鮮市場

お弁当や旬の食材から、薬局、CDショップ、本屋さん、100円ショップまで。日々の暮らしをしっかりサポートするコンビニエンス”BIG”ストアです。

2番館:呑み処ビナ横丁

海老名ビナウォーク呑み横丁

2番館:呑み処ビナ横丁

仕事帰りには、夏ならビール、冬なら熱燗で。2番館A・Bにはくつろぎのお店がいっぱい。もちろんご家族でのお食事にも。

3番館:マルイ&レストラン・フードコート

海老名ビナウォークマルイ

3番館:マルイ&レストラン・フードコート

1階と6階では、ボリュームたっぷりのメニューから朝食まで、いろいろな飲食店が皆様をお出迎え。ご家族で、お友達と、気軽にお食事を楽しめます。

4番館:クリニック&ビューティーサービス

各種クリニックや美容サロン、さらに保険ショップから託児施設など、生活に欠かせないうれしいサービスが揃っています。

5番館:ファッション&ライフスタイルショップ

海老名ビナウォーク・ファッション

5番館:ファッション&ライフスタイルショップ

3階は、毎日を楽しくする生活・インテリア雑貨や、オシャレ度にグッと差をつけるファッション雑貨など、自分だけのお気に入りにきっと出逢えるハッピーストリートです。

6番館:アミューズメント&ロードサイドレストラン

海老名ビナウォーク映画トーホーシネマ

6番館:アミューズメント&ロードサイドレストラン

全10スクリーンのTOHOシネマズはお客様に大人気の映画館。その他にも、大型アミューズメントパークから深夜営業の居酒屋、人気のら?めん処まで、楽しい&おいしいを体験できるフロアです。

ビナプラス:ファッション ホビー&ライフ

飲食店、携帯ショップをはじめとした働く人々に嬉しいサービスが充実しています。

ビナフロント:ファッション&カフェ レジデンス

「駅とつながる、街につながる」をコンセプトとした商・住複合の地上11階ビル。

それぞれの建物が独立していて、行き来が少し不便。また5番館は店舗が屋外に面して設計されており、店間の移動も外に出なければいけません。

海老名ビナウォーク

ショップ間の移動は外です

八王子南大沢や、千葉木更津のアウトレットモールと同じイメージです。

春や秋の天気が良い日は散歩を兼ねて楽しめますが、夏や冬、それに雨の日はちょっと面倒です。

唯一、駅から直結なのが、ビナフロントです。まずはここでビナウォークの雰囲気を楽しみつつ、目的の建物に直行すると良いでしょう。

町川
ビナウォークはファミリー層向けのブランドが多いです。

ビナガーデンテラス

海老名ビナガーデンズテラス

海老名ビナガーデンズテラス

小田急・相鉄線海老名駅とJR海老名駅を結ぶ通路に面したレストラン街です。三階建てで(駅から直結は2階)、フロアごと特色があります。

  • 3階:ちょっと高級
  • 2階:カジュアル
  • 1階:フードコート風居酒屋

※分類はおおざっぱです

2017年末にできたばかりなので、おしゃれな店が多いです。2階は駅から直結していることもあり、いつだって行列ができています。

イタリアンキッチン VANSAN
海老名ガーデンテラスItalian Kitchen VANSAN

釜揚げシラスのペペロンチーノ

海老名ガーデンテラスItalian Kitchen VANSAN

ランチプレートセット

町川
洋食・和食・イタリアン、なんでも揃っていますよ。

ららぽーと海老名

ららぽーと海老名

ららぽーと海老名

西口からコンコースを歩き、突き当たった場所にある大型ショッピングセンターです。

ファッション・フードとあらゆるものが揃います。

嬉しいのは、一つの建物に集約されているため、屋外に出ることなく見て回ることができます。

中はとても広いです

ショップが屋内に並んでいるので、見やすいです

小田急グループではないため、知名度は他の施設に劣りますが、見るべきところは多いです。

町川
20~30代のブランドが多いです。

フードコートもあって、一日中楽しめます。

ららぽーと海老名だけ見てもOKです。

テックランド海老名(ヤマダ電機)

日本全国に店舗を構える、ヤマダ電機の海老名店です。

家電を購入するなら、絶対におすすめです。

町川
家電目的で海老名に来ることはあまりないかも……。

ショッパーズプラザ海老名店

いわゆるダイエーです。1階が食品売り場で、2階には衣料品も売っています。

町川
地元の人の食品売り場です。

イオン海老名店

いわゆるイオンです(笑)。

町川
かなり広いです。

海老名駅の問題点

ここまで見てきたとおり、海老名駅周辺はどんな施設でもあります。

しかし、あまりに大型施設が乱立しているため、初めて行くと、どこに何があるのか分からないと迷子になる人もすくなくありません。

なぜ、迷子になるのでしょう。それは次の3つが原因です。

海老名駅の問題点
  1. 商業施設が、駅を中心に分散している
  2. まとまったウェブサイトがない
  3. 広すぎる
一つずつ説明していきましょう。

1.商業施設が、駅を中心に分散している

海老名駅周辺の商業施設は、基本的に独立した建物ばかりです。

駅の東口を出てすぐにあるのが、ビナフロントで、その先にあるのがビナウォーク。そこから南に行くとイオンがあって、イオンの東がヤマダ電気で西がショッパーズプラザ海老名があります。

駅の西口を出ると、ビナガーデンテラスが並び、その先に、ららぽーと海老名があります。

これらの施設が、海老名駅を中心に分散していいて、慣れていないとすぐに迷子になってしまうのです。

2.まとまったウェブサイトがない

では、行く前にウェブサイトで情報を検索しようとしても、基本的にこれらの施設はお互いにリンクがされておらず、自分のとこの情報しか載っていません。

なので、行きたい施設のサイトを検索し、ひとつずつ見ていくしかないのです。

3.広すぎる

ならば、足を使って探索しようにも、海老名駅周辺が広い上に、各商業施設もめちゃくちゃ広い。気が向くままに歩いていると、すぐに疲れてしまいます。

これらの問題を解消するためには、海老名駅を中心に、どこに何があるのかが俯瞰で分かる地図が必要です。

 

海老名駅まとめ

海老名駅を、大ざっぱにまとめると、次のようにようになります。

  • 西口:若者向け
  • 東口:ファミリー向け

駅から離れた所=地元向け

個人的な感想でいうと、遠方から海老名に遊びに行くなら、西口が圧倒的におすすめです。

ららぽーと海老名でショッピングを楽しみ、ビナガーデンテラスで食事をとるのが良いでしょう。

時間に余裕があれば、ビナウォークを探索してみても良いかもしれませんね。

↓励みになります。クリックお願いします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

町川綾乃

短時間で楽しめる観光名所を探すのが好き。街歩きが大好きです。地元の情報絶賛収集中。休みの日は東京都内で公園・名所・観光地を旅します。タバコ嫌い・嫌煙家!おもしろい場所があれば、どこへで出かけます。普段はカフェで寛いでいます。 Instagram、やっています。